カーネル・サンダース


人間は働きすぎてダメになるより、

休みすぎてサビつく方がずっと多い。





(1890~1980・アメリカ)
ケンタッキーフライドチキン(KFC)の創業者。
若いころは40種類以上の職業を渡り歩き、

40歳の時”フライドチキン”が目玉商品の人気カフェの
オーナーとなる。しかし、65歳の時、

高速道路の開通により車の流れが変わり、
店が立ち行かなくなる。

そこから再起を図った彼は、当時は斬新だったビジネスモデル
「フランチャイズ」を始め、北米大陸に600以上の店舗網を

広げることに成功。ちなみに、カーネルは本名ではなく、
ケンタッキー州に貢献した人に与えられる

「ケンタッキー・カーネル」の名誉称号に由来している。