サンベール 濱松治社長今期の業績目標と今後の展望


サプリメント、ムコ多糖配合「ムコテイン」で根強いファンを獲得
しているサンベール

山口県・高知県でグループが伸び始めているという。
創業18年目を迎えた同社の浜松治社長に、2019年9月期の
業績目標今後の展望を聞きました。




ー18年9月期(17年9月16日~18年9月15日)の業績はー画像の説明

売上高は、前期比横バイの10億円。アクティブ会員は約1万1千人。
山口県・高知県・福岡県・長崎県でグループの伸びが顕著になった。

製品別売上構成比は、健康食品の「ムコテイン」が約8割、大麦若葉青汁
「リピディン」と化粧品「ムコレア」シリーズが1割ずつ。

ー化粧品の売り上げが伸びている要因はー

トップリーダー主導で開催していた実演型の化粧品セミナー
「ビューティ・ビューティ」を会社の認定セミナーとし、18年7月に
「ビューティアドバイザー」という認定資格を新設した。

現在、「ビューティアドバイザー」の資格認定者は全国で6人。今期
20人にまで増やして、「ビューティ・ビューティ」を全国各地で開催
できる体制を整えたい。


画像の説明

ー19年9月期の施策はー

現在、ユニレベルとバイナリーのマトリックス型の報酬プランを採用して
いるが、会員からは「説明が難しい」との声が多かったので、シンプルで

将来の収入をイメージしやすい報酬プランに、19年の年明けに改定する。
さらに、地方拠点の応援態勢を整える計画もある。

今期業績目標今後の展望はー

今期は売上高15億円をめざす。
より長期的な展望として、売上高20億円を達成する頃に全国への
サロン展開、売上高50億円で海外への展開も構想している。

株式会社サンベール 会社概要

会社名         株式会社サンベール
所在地         〒113-0033 東京都文京区本郷3-2-7
                 お茶の水サニービル8階
設 立         2001年10月31日
資本金         1200万円
代表者 代表取締役   濱松 治
取引銀行        みずほ銀行飯田橋支店、朝日信用金庫 小石川支店
電 話         03-5805-7551
FAX          03-5805-7552 (フリーFAX 0120-485-380)

株式会社サンベール 企業理念

サンベールの名前の由来はフランス語で健康を意味するsanteと、
美を意味するbelleから名付けられております。サンベール製品による

ヘルスケアとスキンケアを通じ、ご愛用いただくみなさまに真の美と
健康を提供したいと考えます。また、サンベールが主宰する

ネットワークビジネスを「働・交・学・遊」の場と位置付け、
よりたくさんの方々が出会い、ふれあい、助け合うことにより幸せな

人生を過ごし、社員も含め1人でも多くの方が夢を実現するサポートを
したいと考えます。そしてサンベール製品のチャイルド エイド モデルを

通じて、1人でも多くの未来あるこども達の夢の応援がしたいと考えます。

人間の生命活動は37兆個の細胞1つ1つの活動から成り立っています。
どれだけ医学やサプリメントが進化したとしても、身体の基礎となる

細胞と細胞をつなぐ細胞外マトリックスが良好でなければ意味がありません。
私たちは細胞外マトリックスを整え、細胞を活性化させるには良質な
ムコ多糖が必要不可欠だと考えます。

またiPS細胞を使った再生医療にとっても細胞外マトリックスの環境を
整えることは非常に重要なファクターになってくるはずです。

2001年の設立以来、素晴らしい結果を実証してきた私たちは、
人間の生命の神秘に迫り、人の命の根源を支え続けます。

株式会社サンベール 製品

● 健康食品
● 化粧品



                       株式会社サンベールHPより


 当サイトでは数々のMLM企業の情報を掲載させていただいております 



画像の説明



ムコ多糖とは

コンドロイチンやヒアルロン酸などがひとつになったものです。
細胞の周囲を拡大してみるとわかるように、ムコ多糖とは、

コンドロイチン硫酸やヒアルロン酸、ヘパラン硫酸などの物質が
たんぱく質を中心にひとかたまりになったものを言います。

正式には“ムコ多糖タンパク質”といい、プロテオグリカンと
呼ばれることもあります。



インターネットで今後の展望




画像の説明 インターネットでネットワークビジネス知っ得情報 画像の説明

 知っとく情報(1)   
             

     自宅にいながら、インターネットを使って
     ネットワークビジネスが出来る時代になりました。

     ですが、現在インターネットでの活動を認めている
     ネットワークビジネスの会社は殆どありません。

     インターネットだけで集客できるの?
     と思われますか。

          画像の説明

     できるできないか、
     ここが大きな分かれ道になります。


 知っとく情報(2)

     インターネットだけで集客というと
     どのようなイメージを頭に思い浮かべますか?

     ブログやFacebook等でしょうか。
     「SNSで簡単に集客」?

     そんなに簡単なものではありません。

     ですが、誰も誘わなくていいですし、
     在庫を持つこともありません。

     インターネットで展開するネットワークビジネスでは、
     充分なノウハウが必要になります。

     

     私達のチームでは長年築きあげた経験とマニュアル
     に基づき活動しています。

     グループによっては、このマニュアルに
     高額な使用料をつけているところもありますが、

     私達の、マニュアルとサポートは
     すべて「完全無料」です。(*^_^*)


 知っとく情報(3)

     インターネットでのネットワークビジネスには
     ノウハウ・マニュアルがなければ、
     相当な労力が必要になります。

                                             PC初心者さんにも安心の
個別サポート体制も充実ています。

        画像の説明
                     
                        
   そして、ネットワークビジネスは個人戦ではなくて団体戦です。
   メンバーの皆さんが稼げるようになることが、

          画像の説明

   グループの成功に繋がって行きます。




売上高ランキング 2018

順位会社名売上高(百万円)前期比(%)
1日本アムウェイ100,4711.6
2三基商事60,000
3フォーデイズ42,9498.1
4ニュースキンジャパン31,000
5ノエビア28,0643.5
6アシュラン23,000
7フォーエバーリビング20,5805.0
8ベルセレージュ本社19,000
9シャルレ18,068▲4.1
10モリンダジャパン17,000
11モデーアジャパン16,000
12ナチュラリープラス12,500▲24.0
13日本シャクリー10,441▲6.6
14高陽社9,000
15日本タッパーウェア8,000
15シャンデール8,000
17赤塚7,800
18グラントイーワンズ7,200▲11.8
19イオン化粧品7,000
20アイビー化粧品6,66429.1
21日健総本社6,400
22ロイヤル化粧品6,300
23セプテムプロダクツ6,200▲9.0
24ネイチャーケア・ジャパン5,500
24アライヴン5,5000.0
26二ナファームジャポン5,2504.0
27ザ マイラ5,0300.0
28ドテラ・ジャパン5.01610.0
29サミットインターナショナル5,000
29サンクスアイ5,00080.0
31TIENS JAPAN4,800
32YOSA4,7490.1
33シナリー4,600
34ライフバンテージジャパン4,3001.3
35ピュアクリスタル4,0000.0
35ハーバライフ・オブ・ジャパン4,000
37ペレ・グレイス3,6500.5
38ケージーワンKZ13,4450.0
39グリーンプラネット3,4000.0
40マナビス化粧品3,200▲2.5
42スリーピース2,730127.5
41三和 株式会社2,500▲16.7
43シナジーワールドワイドジャパン2,4279.0
44アミン2,400
45サンテクレアール2,300
46ケイエスビー2,2500.0
47ベガ(VEGA)2,171▲0.2
48ジュネスグローバル2,1005.0
49イオスコーポレーション2,0373.8
50ハッピーファミリー2,000
50アイスター商事2,000
50マナテックジャパン2,00010.0
50カイアニジャパン2,000
54オードビー・ジャポン1,800
54ローズライン1,800
54エックスワン1,800
57シェラバートン1,7905.6
58アトコントロール1,5701.0
59M3(エムスリー)1,500▲25.0
59エコロインターナショナル1,500
59ネオライフインターナショナルジャパン1,50020.0
59スターライズジャパン1,500
59ユニシティ・ジャパン1,5007.1
64シー・エム・シー1,380▲4.0
65エヌエーシー1,3500.0
66日本ベスト1,3000.0
67セルフ1,27011.0
68エムジーエム1,200
68IPSコスメティックス1,200
68エムブラン1,2000.0
71国際友好交易1,0000.0
71サンベール1,0000.0
71ウインライフ・ジャパン1,0000.0
71マイフレンド1,000
71クレス薬品1,000
71フォーライフリサーチジャパン1,000
77ユニヴェール9870.0
78ウイズ900
79レインボー8000.0
79ウィル・サーチ8000.5
81ライラック7760.2
82ジョイ7360.5
83遊気創健美倶楽部700
83アフロゾーンジャパン700
85OriVis69021.0
86DNA(ディーエヌエー)68414.0
87参壽恵本舗 6336.0
88AIM(エイム)6000.0
88オ―エイチエスジャパン600100.0
88ピュアーライフ600
91苔善560
92ベルエア―530
93ピュアスター52014.0
94ビー・エッチ・シー510
95エコプライム500
95プロティオス500
95NIKKEN(ニッケン)500
95ユサナ・ヘルス・サイエンス500
95ビィゴライフ5006.4
95アストーラ5001.0
101アルペン総合研究所480
102セモア450
103スターリジャパン42513.3
104エルブ400
104ラヴィ400
104ミューズ4000.0
107DNAジャパン360
108エポックモア350
109コンフィアンスモビリア320▲0.9
110フォーチュンインターナショナル31024.0
111ネオシャルム300
111クリエイション300
113フューチャーエナジー250
114日本ビーエフ2420.0
115フローラサンティ225
116ビオ―タ175191.7
117SEIKAN1500.0
118ミラクル142▲11.3
119サンライダー・ジャパン・インク130




健康食品売上高ランキング 2018

ランキング会 社 名売上高(百万円)前年比(%)
1三基商事60,000
2日本アムウェイ45,4745.6
3フォーデイズ36,5459.0
4フォーエバーリビング20,5805.0
5モリンダ17,000
6モデーアジャパン16,000
7ニュースキン15,500
8ナチュラリープラス12,500▲24.0
9日本シャクリー10,441▲6.6
10高陽社9,000
11赤塚7,800
12日健総本社6,400
13ネイチャーケアジャパン5,500
14ニナファームジャポン5,2504.0
15サンクスアイ5,00080.0
16ライフバンテージ4,3001.3
17ハーバライフ4,000
18エクスフューズジャパン3,4450.0
19スリーピース2,730127.5
20シナジーワールドワイドジャパン2,4279.0
21サンテクレアール2,300
22イオスコーポレーション2,03763.8
23ハッピーファミリー2,000
23マナテックジャパン2,00010.0
23カイアニジャパン2,000
26M3(エムスリー)1,500▲25.0
26ネオライフインターナショナル1,50020.0
26ユニシティ・ジャパン1,5007.1
29シー・エム・シー1,380▲4.0
30セルフ1,27011.0
31エムジーエム1,200
31エムブラン1,2000.0
33国際友好交易1,0000.0
33サンベール1,0000.0
33フォーライフリサーチジャパン1,000
36ユニベール9870.0
37ウイズ900
38ウィル・サーチ8000.5
39ライラック7760.2
40ジョイ7360.5
41OriVis69021.0
42DNA68414.0
43参憙恵本舗6336.0
44ピュアーライフ600
45苔善560
46ベルエア―530
47プロティオス500
47ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン500
47ビィゴライフ5006.4
50アルペン総合研究所480
51スターリジャパン42513.3
52ミューズ4000.0
53DNAジャパン360
54フォーチュンインターナショナル31024.0
55フューチャーエナジー250
56日本ビーエフ2420.0
57フローラサンティ225
58ビオ―タ175191.7
59ミラクル142▲11.3
60サンライダー・ジャパン・インク130




インターネットで目標