ネットワークビジネス 製品別売上高ランキング・シェアと増加

下の方に製品別売上高ランキングの各表を掲載させて頂いております。

ネットワークビジネス製品別売上高ランキング2018

売上高のランキングを主力製品別に分類して、集計しました。

全体の半分、51.7%を占めるシェア率トップは、「栄養補助食品」です。
いまや栄養補助食品は、なくてはならないものになりつつあるようです。

ネットワークビジネス企業60社の合計売上高
3253億1400万円となり、前年と比較すると約26億円増加しました。

前年より0.1ポイント減少してはいますが、市場では半数以上を
占める主力製品であることは、揺るぎないようです。

ネットワークビジネス製品別売上高ランキング2018

2位は「化粧品」です。女性にとって化粧品への関心は高いと思いますし、
近頃では男性用化粧品も増加しててきているのではないでしょうか。

37社の合計が1967億9800万円となり、占有率は31.3%でした。

売上高が前年より56億円増加して、
占有率も0.9ポイント増加しています。

売り上げを伸ばしたのは上位のノエビアと日本アムウェイで、
アイビー化粧品も2ケタ増収を達成、化粧品の売上高
シェアを押し上げました。

3位の下着については、8社の合計売上高が 405億7800万円となり、
前年よりも約23億円減少しています。

    ネットワークビジネスランキング

髪美人

冬は乾燥の季節です。
といっても、もう春はすぐそこなんですが、乾燥で肌が痛みやすくなるように、
髪の毛も乾燥によって傷みやすくなります。

セーターなどを着るときや、ブラッシングする時にも静電気が
起こりやすいです。

そのまま放置していると表面のキューティクルが、剥がれやすくなって
切れ毛や枝毛の原因になります。

静電気を防ぐには

              画像の説明
● 摩擦を減らす
● うるおいを与える

夜、お休み前には髪の毛を完全に乾かしましょう。
シャンプー剤を使わない日は、頭皮を中心に38~40度前後の
お湯で洗うのがいいようです。

↓↓↓↓↓クリック

ネットワークビジネス資料



自分のペースで自分を動かせる

     インターネットでネットワークビジネス インターネットでネットワークビジネス知っ得情報 インターネット
インターネット

    
   ネットワークビジネ栄養補助食品売上高ランキング2018

ランキング会 社 名売上高(百万円)前期比(%)
1三基商事60,000
2日本アムウェイ45,4745.6
3フォーデイズ36,5459.0
4フォーエバーリビング20,5805.0
5モリンダ17,000
6モデーアジャパン16,000
7ニュースキン15,500
8ナチュラリープラス12,500▲24.0
9日本シャクリー10,441▲6.6
10高陽社9,000
11赤塚7,800
12日健総本社6,400
13ネイチャーケアジャパン5,500
14ニナファームジャポン5,2504.0
15サンクスアイ5,00080.0
16ライフバンテージ4,3001.3
17ハーバライフ4,000
18エクスフューズ3,4450.0
19スリーピース2,730127.5
20シナジーワールドワイドジャパン2,4279.0
21サンテクレアール2,300
22イオスコーポレーション2,0373.8
23ハッピーファミリー2,000
23マナテックジャパン2,00010.0
23カイアニジャパン2,000
26M3(エムスリー)1,500▲25.0
26ネオライフインターナショナル1,50020.0
26ユニシティ・ジャパン1,5007.1
29シー・エム・シー1,380▲4.0
30セルフ1,27011.0
31エムジーエム1,200
31エムブラン1,2000.0
33国際友好交易1,0000.0
33サンベール1,0000.0
33フォーライフリサーチジャパン1,000
36ユニヴェール9870.0
37ウイズ900
38ウィル・サーチ8000.5
39ライラック7760.2
40ジョイ7360.5
41OriVis69021.0
42DNA68414.0
43参憙恵本舗6336.0
44ピュアーライフ600
45苔善560
46ベルエア―530
47プロティオス500
47ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン500
47ビィゴライフ5006.4
50アルペン総合研究所480
51スターリジャパン42513.3
52ミューズ4000.0
53DNAジャパン360
54フォーチュンインターナショナル31024.0
55フューチャーエナジー250
56日本ビーエフ2420.0
57フローラサンティ225
58ビオ―タ175191.7
59ミラクル142▲11.3
60サンライダージャパン130


   ネットワークビジネス化粧品売上高ランキング2018

順位企業名売上高(百万円)前期比(%)
1ノエビア28,0643.5
2日本アムウェイ26,0491.9
3アシュラン23,000
4ベルセレージュ19,000
5ニュースキンジャパン15,500
6イオン化粧品7,000
7アイビー化粧品6,66429.1
8フォーディズ6,4043.2
9ロイヤル化粧品6,300
10セプテムプロダクツ6,200▲9.0
11ザマイラ50300.0
12ドテラ・ジャパン5,01610.0
13TIENS JAPAN4800
14シナリー4,600
15ピュアクリスタル4,0000.0
16ペレグレイス3,6500.5
17マナビス化粧品3,200▲2.5
18ベガ2,171▲0.2
19ジュネスグローバル2,1005.0
20アイスター商事2,000
21オードビー・ジャポン1,800
21エックスワン1,800
23シェラバートン1,7905.6
24アトコントロール1,5701.0
25スターライズ1,500
26エヌエーシー1,3500.0
27IPSコスメティックス1,200
28クレス薬品1,000
29遊気創健美倶楽部700
30AIM(エイム)6000.0
31ピュアスター52014.0
32アストーラ5001.0
33エルブ400
34ラヴィ400
35コンフィアンスモリビア320▲0.9
36ネオシャルム300
35クリエイション300

   ネットワークビジネス下着売上高ランキング2018

順位企業名売上高(百万円)前期比(%)
1シャルレ18,068▲4.1
2シャンデール8,000
3グラントイーワンズ7,200
4サミットインターナショナル5,000
5マイ・フレンド1,000
6ビー・エッチ・シー510
7セモア450
8エポックモア350

          (ネットワークビジネス3月号より抜粋)

インターネット展開ネットワークビジネス