ネットワークビジネス主宰企業による会員フォローの施策とは


国内におけるネットワークビジネス企業の数は数千~約5千社はあると
いいます。

ネットワークビジネスランキングに記載されるのはせいぜい上位100社位
ですが、主宰企業による会員へのフォロー施策としてはどのようなものが

あるのでしょうか。アンケートがありましたので、以下に記してみました。



1.会員へのアフターフォローとして実施している施策

Q1.

定期的に会報誌を送付。最新情報を提供。          78.3%

受用者向けの健康・美容セミナー開催            56.5%

新規加入の会員にサンクスレターを送る、お礼の電話をかける 43.5%

リピート購入が止まった会員にDMを送付または電話をかける  43.5%

その他                          30.4%

とくに実施していない                    4.3%

今後実施予定                        4.3%


2.Q1の施策を実施した成果は?

リピート率が上がった                   55.6%

リピート率が下がった                   16.3%

あまり変わらない                      5.6%

その他                          22.1%

アフターフォローに力を入れる6社の戦略



TIENS JAPAN

● 愛用者向けの健康・美容セミナーを定期的に開催。

● 年に2~3回実施している、お得なキャンペーン情報のお知らせ。

● 休眠会員の中で、誕生月を迎える会員に対しては、バースデークーポンを
  提供、製品購入を勧めている。


モデーアジャパン

● 20歳以上30歳以下の若年層の新規登録者を含む(ディストリビューター)
  を対象に、16年6月から「ウェルカム トゥ モデーア プログラム」を導入。

● 若年層の新規登録者に対し「ウェルカムコール」を実施、
  本人の登録の意思、ビジネスに関しての不明な点がないか等の確認。
  同社が定める基準に基ずく親族の同意の必須。

● 登録後の3カ月、6カ月、1年後に「フォローアップコール」を
  継続的に実施、若年層のビジネス活動において適切なサポート行っている。


マナテックジャパン

● 休眠会員にDMを郵送、到着した頃を見計らい、フォローアップの電話をかけ、
  クーポンのプレゼントなどの提案。

● フォロー施策を行うに当たっては、「非常にありがたい」とのリーダーの
  意見が多く、実施に至る。

● 新規会員にも電話をかけ、オートオ―ダ―を勧めていく考えである。



        画像の説明


OriVis

● 新規会員の登録時、サンクスカードとサンクスレターを送付。

● 感謝の気持ちを伝え、企業理念・ステビアの魅力を紹介。

● 登録から2カ月目に製品注文がない場合のフォローの手紙。

● 6ヶ月目に購入がない会員には「今月買えば製品をもらえますよ」
  と、電話で声かけ。


アフロゾーンジャパン

● 定期的な会報誌の発送、最新情報の提供。

● しばらく購入のない会員に対しては、その旨を知らせる文書及び
  注文書や製品カタログ同梱のDMを送付。

● その後は電話にて到着確認。


サンベール

● 会員向けのDMにより最新情報を提供。

● 愛用者に向けての美容・健康セミナーを定期的に開催。

● リピート購入が止まっている会員には、半年間購入がなければ
  自動退会になる旨記載のレターを送付。



  
     画像の説明


画像の説明




インターネットでネットワークビジネス




画像の説明 インターネットでネットワークビジネス知っ得情報 画像の説明
 画像の説明画像の説明




画像の明

 
 
      クリック