ネットワークビジネスで実在する成功者

ネットワークビジネス成功した」、という基準はどこにあるの
でしょうか?

何もしなくても、毎月充分に暮らしていける程度の収入が、ずっと
入ってくる。

このレベルでは成功者とは言えないのでしょうか?

一般人には想像できない位の収入を、手にいれている人がいわゆる
成功者と呼ばれるゆえんですか。

もうこれで何不充することなく充分暮らしていける。
個人的には、自己評価で成功したと言えなくもないのでは?

それでもやはり成功者とは世に知れている人

ネットワークビジネスなんて儲からない、あるいは豊かになるのは
犯罪組織の幹部のように、抜け目なく甘い汁を吸っている人だけだ
とこのように思いますか。

ネットワークビジネスの世界にも他のビジネスと同様に、正当な自
身の努力で豊かになった成功者は実在しているんですね。

特別な資金、あるいは人脈も経験も持たない末端のディストリビュ
―タ―からスタートして、努力により経済的に成功した人もいます。

いわゆる、成功者と言われる成功者になるためには、厳しく熾烈な
競争を勝ち抜くだけの能力が求められるということになるでしょう。

画像の説明

成功する人の特徴

楽観主義はエネルギーの源

楽観的な人が成功するのは、単に明るい未来を信じているからだけ
ではなく、自身の成功を期待することにより、いっそう懸命に働く

ことができるからで、未来は過去と違い、どうにでも変えようと思
えば変えることができる。問題に直面した時、問題について考える

のではなく、問題の解決方法を考えているのです。

また、ネットワークビジネスに限らず、裕福な家には本がとても多
いらしいです。

画像の説明

それはいろいろな本を読んで、常に勉強することを怠らないという
ことに繋がるのでしょうか。

ネットワークビジネスをしている人には、自己啓発系のジャンルに
興味を持つ人が多いようですね。

成功哲学を学ぶということは、ネットワークビジネス以外の仕事、
私生活においても、おおいに役立つのではないでしょうか。

画像の説明

子供の頃から本を読むのが大好きだった。
おじいちゃんが家にくるたび、児童書を買ってきてくれたことを

思いだした。何回、同じ本を読んだことだろう。
家なき子なんか3回位読んだかも知れない。

そして、毎回泣けるようなところで泣いてたような。
物語のストーリーは分かっていても、毎回新しい本を読んでるよ

うな気持ちで読んでいた。
どの本も大切に、大切に持っていた。

いつだったでしょうか?
こんなフレーズが流行ったことがありました。

「母さん、僕のあの帽子、どうしたんでしょうね。」
推理小説の1フレーズか映画だったのか、わかりませんが。

「母さん、私の大切にしてた本、どうしたんでしょうね。」

画像の説明

自分の欲する物から得た知識は財産になる

画像の説明