ネットワークビジネスが日本経済を救えるか?



今現在、日本経済は多くの難関に差し掛かっているという。大手企業の統合、
再編による一局集中、人件費の高騰による空洞化、金融不安による

設備投資の縮小、世界的な石油の高騰など、まだまだ先行不透明な感がある
ということですが、そんな中、世界的にもネットワークビジネスに注目が
集まっているという。


政治家もネットワークビジネスに注目

月刊国会ニュース11号の中で、森下亮氏(経済評論家、経済学博士)による
ネットワークビジネスに関する記事が書かれています。

タイトルは日本経済はミステリーゾーンに突入ネットワークビジネス
日本を救う

ねずみ講やマルチまがい商法への類似から一般に誤解があるとしても、
これだけ大きなビジネスがまともに研究されていないことは私としては

怠慢であったと反省している。 21世紀型在宅勤務(副業ビジネス
ビジネスの一大潮流は消費者の参加と参画ではなかろうか。消費者が

自らの「知」をもって自発的に参加したくなるような共感のもてる
企業理念を提示し、その理念の現実に向けて共に行動する「場」を

創る過程で「財」をつくり福を呼ぶことだ。
(国会ニュース より)


     画像の説明


政治的側面から業界をバックアップする

「 流通ビジネス推進政治連盟 」が誕生!

「21世紀の流通産業」であるネットワークビジネスの法的整備と
社会的認知の為に発足。

新しい流通システムとして世界的に注目され認知されつつある
ネットワークマーケティング」を偏見なく真摯に研究し、育成することが、

いま日本経済が世界に立ち遅れないための緊急の課題です。
(設立趣意書 より)



まずは、ねずみ講・マルチ商法を徹底的に排除すべきでしょう。




      画像の説明



インターネットのネットワークビジネスが救う



画像の説明




  画像の説明 インターネットでネットワークビジネス知っ得情報 画像の説明

画像の説明



画像の説明