ネットワークビジネス 腸は脳ほどに記憶する

ネットワークビジネスサプリメントで2016、大ヒットしたのは乳酸
菌です。一般食品にも波及しました。

15年にマスメディア各社で特番が放送されたのは「内フローラ」、
テレビのCMでも良く見られました。

内の環境を良好に保つことが、免疫力の機能向上につながる」、
と健康の関係ということが、消費者に広く定着したようです。

の中に入ってくるものは、身体にとって良いものも悪いものもあ
り、何が良くて何が悪いのかを記憶することができるといいま

す。(まさには第2のと言われる所以ですね)

画像の説明画像の説明

内の神経伝達物質「セロトニン」の95%がで作られているとい
う研究報告もあります。

ストレスや緊張感にさらされると、もろに影響を受けやすいのです。

「抗肥満及び美容、メンタルヘルスなど、整以外の機能性につい
ても乳酸菌の研究が進んでいるようです。内の細菌を解析する技

術が向上して、肥満の人と健常者の人の菌叢の違いなどが、さまざ
まな媒体で取り上げられるようになり、消費者による健康意識が高
まって行きました。

16年にあるお菓子のメーカーが乳酸菌配合のチョコレートを発売し
て、このお菓子が大ヒットしました。

お菓子で乳酸菌が取れるというところも魅力の一つですね。

でも、いくら乳酸菌が入っているといっても、極端な食べ過ぎにつ
ながらないようにしたいですね。

乳酸菌はこんなところにも

これ以降、サプリメントにこだわらず、パン、グラタン、味噌汁と
いった一般の食品にも乳酸菌が使われるようになりました。

内環境改善ということから食物繊維や乳酸菌を配合した青汁製品
も好調だったようです。

青汁といえば大麦若葉が頭に浮かびますが、桑の葉、オリーブ葉、
植物発酵エキスなどをプラスして、他社との差別化を図る企業も多

かったようです。また話題を呼んだものの一つに、「飲む日焼け止
め」、「日傘サプリ」といったキャッチコピーで販売されるサプリ

メントも人気を集めたようです。

でも、やっぱり私は日傘を差す方ががいいですね。

画像の説明

2017年 ネットワークビジネ 製品別ランキング

栄養補助食品ランキング


順位企業名売上高(百万円)前期比(%)
1三基商事60,000
2日本アムウェイ45,4749.0
3フォーデイズ36,5457.7
4フォーエバーリビング:20,5805.0
5モリンダジャパン17,000
6ナチュラリープラス16,485
7モデーアジャパン16,000
8ニュースキンジャパン15,5000
9日本シャクリー10,441▲6.6
10高陽社10,000
11赤塚7,800
12日健総本社6,400
13ネイチャーケアジャパン5,500
14二ナファームジャポン5,2504.0
15サンクスアイ5,00080.0
16ライフバンテージジャパン4,300
17ハーバライフ・オブ・ジャパン4,000
18エクスフューズジャパン3,4450.0
19スリーピース2,730127.5
20シナジーワールドワイドジャパン2,4279.0
21サンテクレアール2,300
22イオスコーポレーション2,0373.8
23マナテックジャパン2,00010.0
23カイアニジャパン2,000
25ハッピーファミリー1,750
26M31,500▲25.0
26ネオライフインターナショナル1,50020.0
26ユニシティ・ジャパン1,5007.1
29シー・エム・シー1,380▲4.0
30セルフ1,27011.0
31エムジーエム1,200
31エムブラン1,2000.0
33国際友好交易1,004
34フォーライフリサーチジャパン1,000
35ユニベール9870.0
36ウイズ900
37ウィル・サーチ796▲2.5
38ライラック7760.2
39ジョイ7320.7
40OriVis69021.0
41参壽恵本舗6336.0
42DNA600
42ピュアーライフ600
44苔善560
45JM Ocean Ayenue Japann520
46プロティオス500
46ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン500
48アルペン総合研究所480
49ビィゴライフ42513.3
50スターリジャパン248▲2.3
51ミューズ400
52DNAジャパン360
53フューチャーエナジー250
53フォーチュンインターナショナル2500.0
55日本ビ―エフ242
56ビオ―タ175191.7
57ミラクル160
58サンライダー・ジャパンインク130

          (ネットワークビジネス10月号より抜粋)

画像の説明

新しいネットワークビジネスの形

画像の説明

画像の説明