ネットワークビジネス配送料値上げについての実態調査



2017年秋から運送会社による配送料値上げが始まっている
模様です。

ネットワークビジネス業界においても、オートシップによる
定期配送を利用するため、その影響は大きいようです。

配送料値上げに関するネットワークビジネス業界の実態調査
を見てみましょう。

17年10月1日から、ヤマト運輸が「宅急便の基本運賃値上げ
11月12日から、佐川急便も「飛脚宅急便」を値上げ、18年3月

から日本郵便も基本料金を引き上げる予定だそうです。

ネットワークビジネスの主宰企業としての対応はどのように
なっているのでしょうか。


配送料値上げの実態調査

会員への製品配送で利用している運送会社

ヤマト運輸            69.0%

佐川急便             50.0%

日本郵便             11.9%

西濃運輸              2.4%

その他               2.4%

製品配送に利用している運送会社の社数

1 社              76.2%

2 社              16.7%

3 社以上             7.1%

運送会社から値上げ要請がありましたか?

要請があって応じた        66.7%

要請はなかった          19.0%

要請があって交渉中         9.5%

その他               4.8%

値上げ分を会員が負担する送料に転嫁しますか?

値上げ分の一部を転嫁       30.3%

値上げ分はすべて会社負担
  (送料の値上げなし)     27.3%
当面は送料を据え置き、
値上げ時期を検討中        21.2%

値上げ分をすべて転嫁       12.1%

その他              24.2%

以上のような実体調査結果になりました。

オートシップの特典が送料無料の企業は、値上げが困難のようですね。


画像の説明


世の中、値上がりしていくものが多いですね。今野採も1.5倍位

値上がってます。

なかなか上がっていかないのはお給料ではないでしょうか。

年金にしても貰える額が減っていってるようです。

どうしたらいいの・・・・・・


インターネットでネットワークビジネス


画像の説明


画像の説明