どうするの!ネットワークビジネス業界の高齢化

2015年、日本の60歳以上の人の割合は26%を突破したそうですが、街
を歩けば4人に1人が高齢者ということになるそうです。
日本は「超高齢社会」に突入。

それに伴って、ディストリビューターの年齢層が高くなるのも当然とい
えば当然のことですね。

「うちは若いメンバーが少なくてー」と嘆く主宰企業も多いそうですが、
高齢者に対するサポートなくして、主宰企業の未来はないと言っても過
言ではないようです。

誰でもいつかは高齢者にならざる日が来るのですから。
「私だけは、絶対なりません」てなことを言う人がいたら、会ってみた
いものですが。

こんなところがスゴイですよ!

● 亀の甲より年の功

画像の説明

なんといっても、人生経験が豊富というすばらしいところがあります。
だから、それだけ人脈も幅広いということが言えますよね。
その人脈をビジネスに活かしてもらえるのです。

● ネットワークビジネスの経験が豊富である!

1970年代のネットワークビジネス黎明期から、業界に携わり続けてい
る人がたくさんいるようです。いわゆる耐久製品を販売してきた経験が
あるディストリビューターは、たくさんの時間を使ってメンバーを育成

することには慣れているんだとか。じっくりと確実に積み上げてきたグ
ループの組織力はとても強固で、ちょっとやそっとでは揺らがないよう
です。

● ゆったりと時間を使える!

画像の説明

ネットワークビジネスは、自分のペースで自由な時間に働けるというと
ころが魅力ではありますが、ビジネスに割ける時間は多いに越したこと
はないですよね。グループ内のメンバーと生活のサイクルが異なれば、

コミュニケーションも取りずらくなりますが、そんな中でも、高齢の会
員は比較的時間に余裕があると思いますので、グループのメンバー同士、

活動を共有することができるので、自然とメンバーのコミュニケーショ
ンも活発になるのではないでしょうか。

● 長く製品を愛用し続ける!

健康機器や化粧品、ことに健康食品等は、健康や美容に悩みを抱える
者には喜ばれる製品でしょう。ネットワークビジネスを辞めてしまっ

たとしても、製品を購入し続けることで、安定した愛用者になってくれ
るのではないでしょうか。

画像の説明

主宰企業20社の取り組みは

● 紙媒体の充実
● 資料の見やすさ
● シンプル化
● その他

高齢の会員に対してのサポート施策

実施している 12社
していない  5社
する予定   3社

パソコン・タブレット実は「本当は使ってみたい」と思っている高齢者
はとても多いらしいですよ。

画像の説明

画像の説明

この国で最も多く捨てられているものはチャンスです

画像の説明