腸とうつの以外な関係、 腸内環境がセロトニンを増やす



うつにはセロトニンが関係しています。

人間の体内で最も多くセロトニン(90%)を保有するのが、じつは
だといいます。

脳内には、なんとたった(2%)しか存在しないのだとか。

セロトニン

セロトニンは別名”幸せホルモン”とも呼ばれていて、楽しさ、嬉しさ、
といった感情と切り離せない関係にあります。

精神に安定感をもたらす作用があり、いわゆるうつで処方される
うつ剤の有効成分となっているのが、セロトニンです。

なので、セロトニン腸内フローラの関係は切っても切り離せない
関係にあるようです。



画像の説明


腸内フローラとは

腸内では、善玉菌と悪玉菌がいつも激しい生存競争を繰り広げていて、
一方が増殖するともう一方が抑えられるというように全体の数は定まって

いるため、常に細菌同士が陣取り合戦をしている状態の腸内環境のこと。
人間の腸内細菌の数(約3万種類、100兆~1000兆個で、1.5~2kの重さ)

何かの原因でバランスが崩れて悪玉菌が優勢になると、内''の環境が
悪化して、体調が崩れてしまいます。

セロトニンを体内で生産するためには、トリプトファンという必須アミノ酸
の一種が必要になり、これを分解することでセロトニンの原料となるわけですが、

セロトニン合成を体内で行う役割を果たしているのが腸内フローラを構成
する細菌達ということです。

高熱が出た時に、病院で抗生剤が出されますが、抗生剤は腸内の善玉菌を
殺してしまうと何かの本に書いてありましたが実際、私の体験でもある程度

回復しても、の調子が戻るのにかなり日数がかかったように思いますね。
そして

じゃっかんの気分落ちも・・・・・・
善玉菌が陣地を奪われた・・・・・・

常日頃、発酵食品や乳酸菌を食しておいた方がよさそうですね。




     画像の説明




甘酒は飲む点滴といわれています。

酒粕で作る甘酒にはアルコールが含まれていますが、米麹で作る甘酒には
アルコールは含まれていません。

寒いこの季節、甘酒であったまりましょう。

画像の説明




画像の説明



新しい働き方、始まってます。



画像の説明



人生で、いったいどれだけの壁にぶち当たるのだろう。

ひとつ、ひとつの壁をぶち破りながら

それでも、ここまで生きて来られたけれど・・・・・・

それでも、何があっても、すべての意味において

ゆるぎなき安心というものを手に入れることができ、

それが、人生の根底にあれば・・・・・

生まれてきてよかったと思うのではないだろうか。